なぜ食パンを3000円で売るのか?YPP@COCOHOUSE高円寺

cocohouse

本日は、cocohouse高円寺で行われている家賃ペイプロジェクト(YPP)に参加して来ました。

いつでも、どこでも、だれとでもゆたかで、おだやかな生活をしていくことをこころにとめて、家賃分(5〜8万円)ほどの価値をうみだす挑戦をしよう。

というプロジェクトで、シェアハウスに住む住人さんを中心に月1回の勉強会を開催しています。

今回の内容は「ものの価値について考える。」といったテーマで、3000円、3万円、30万円の商品を考えて、発表する。それについてフィードバックを貰える。といった、「もし起業するならどうするか」ということを視野に入れた内容の勉強会でした。

実際にどのような内容だったのか見てみましょう。

 

3000円: 高くて安い3000円の食パン

最初に、3000円の商品の例として「3000円の食パン」が例として紹介されました。

「3000円の食パン」に対して、あなたはどんなイメージを持つでしょうか? 「さぞかし美味しいんだろうな。」、「高すぎる!」、「どうしてそんな高いんだろう?」といったイメージを持つでしょう。

なぜそんな商品が生まれたのか?その誕生秘話を語ってくれました。

そもそも最初の時点では、パンを作ろうという考え自体がなかったそうです。「いかに驚きを提供するか?」、「3000円でぶったまげられる、高くて安いものは何か?」という考えを元に作られたそうです。

3000円のカタログギフトやお菓子の詰め合わせであれば、当たり前に3000円しそうですよね。「まぁ、こんなものかな。」って感じるでしょう。一方で、3000円で売っている食パンをもらったらどうでしょう。「これが3000円もする食パンか!」と驚き、「この前3000円の食パン食べたんだけどさー。」なんて友達に話したくなるでしょう。

100円で売っているものを3000円で売ったって、いくらでもやりようがある。逆に、3000円で売られているものを100円で売ったっていい。普段商品に付いている値札にとらわれるな。というのが、このトピックでのキーポイントでした。

参加した皆さんの3000円の商品を紹介すると、

 

アイディアポップコーン

ゲームを使って問題解決をする。そのためのコンサル、アイディア出しを手伝うサービス。

 

おまかせ動画作成

テーマを渡すと、5分程度の動画を作ってくれる。ただし、内容は完璧におまかせ。

 

野菜パック

野菜の詰め合わせ。自分で作った野菜が食べられます!

 

アイディアが出るヘッドセラピー30分コース

頭がすっきり、終わった後にはアイディアがどんどん溢れてくるヘッドセラピー30分。

 

自家製野菜の食べ放題

家庭菜園で採れた野菜を使った料理の食べ放題!

楽しそうなラインアップ。それぞれの個性が感じられますね。

 

3万円: 誰が喜ぶかわかるネーミングを付ける

次は3万円の商品です。まず、ラインアップを見てみましょう。

 

ウェブ解析

Web解析に関する資格を持ったスペシャリストが、あなたのサイトを分析して、改善のお手伝いをします。

 

ゲーム制作体験チケット

問題を解決するためのゲーム、あなたの作りたいゲームを、実際にプレイできるプロトタイプとして作り上げられるようにサポート。

 

ヘッドセラピー2時間コース+α

先ほどのヘッドセラピーの2時間コース。

 

パーマカルチャー体験

自然と一緒に生きる。パーマカルチャーの体験ができるサービス。

 

◯◯家の1日

実際に◯◯家の一人として、丸一日農業体験ができるサービス。

 

さて、ここで気をつけることが、「どんな商品名をつけるか?」ということでした。3万円の商品というのは、ギフトに丁度いい価格帯なのだそう。ポイントとしては、

  • その商品からどのような利益が得られるかわかる商品名
  • 受け取る側だけではなく、プレゼントを贈る人にもどんな人の向けた商品か分かるようにする

ことが大事だそう。例えば、今ではある程度普及した「アロマテラピー」ですが、その名前を聞いただけでは、なんのことだかわかりません。「今女性の間で話題、心地よい香りでリラックス」と言えばどんな人が喜びそうか分かりますね。「この商品をあの人にあげたい」、と思わせてしまえば、プレゼントする人がお客さんを連れてきてくれるそう。

同様に、30万円の商品に関しても、「比較対象をはっきりさせる」、「できることは絞り込む」、「白い所に最初に書いてあげるのがプロの仕事」などの内容を教えていただきました。

 

勉強会を通じてお互いを知れる、励ましあえる

ビジネス向けのセミナーに勝るとも劣らない内容の深い勉強会で、非常に多くの気付きを得られる勉強会でした。こういった会を定期的に続けていると、この勉強会がきっかけで起業する人も出てくるかもしれませんね。

たくさんの学びが得られるのはもちろんですが、「他の人がどんな活動していて、頑張ろうとしているか」ということを知ることができるのが良いところだと感じました。普段何気ない話をしているときには気づかなかった一緒に住んでいる住人の意外な一面を知り、お互いに励ましあうきっかけになる。知識も絆も深まる勉強会。また新たにシェアハウスの可能性に気付けたように感じます。

 

今回訪問したシェアハウス

シェアハウス名: cocohouse高円寺

facebookページ: 株式会社 Community Consulting Japan

Webサイト: coco house Webサイト