あなたはどこまでシェアできる?シェアハウスでシェアできるものを集めてみた。

こんにちは

Sharela編集長のみどりです。

シェアハウスといっても、何をどれだけシェアするかは千差万別! ということで、今回は、今まで住んだ経験や、見聞きした話を元に、実際にシェアされているものをまとめてみました。

シェアすることで圧倒的に便利になるものから、「そんなものまでシェアするの!?」という驚きのものまで、幅広いジャンルのものがシェアをされています。

 

施設

リビング

シェアハウスには、広い共用のリビングがあることが多いです。「人がどの程度集まっているか?」、「使用のルールはどうなっているか?」といった所を確認すると良いでしょう。

「他人と一緒のリビングで生活するなんて嫌だ!」という人は、おとなしくシェアハウス暮らしを諦めましょう。

living

 

キッチン

最近では、食に力を入れているシェアハウスも多く、広々としたアイランドキッチンを取り揃えているシェアハウスもあります。そもそも料理しない人は、キッチンに力を入れていないシェアハウスに住んだ方がいいかもしれません。

キッチンが狭い物件では、生活の時間帯が重なる場合はキッチンで渋滞が起こることもしばしば。キッチンの充実度合い、どのくらい使うか?片付けのルールはどうなっているか?等を確認した方が良いでしょう。

kichen

 

部屋

他人と同じ部屋でも良いという人は、ドミトリーという選択肢もあります。都内在住でも3万円を切る物件などもあり、圧倒的なコストパフォーマンスを実現できます。

「絶対に一人部屋がいい!」という人にはもちろん、綺麗で落ち着いた一人部屋もあります。

housing-900246_1280

風呂・トイレ

お風呂やトイレは、掃除のトラブルに発展しやすいポイントなので、汚れが気になる人は、清掃会社が掃除に入っているシェアハウスを選ぶことをオススメします。お風呂の設置数が少ないシェアハウスだと、あんまり長風呂ができないシェアハウスも多いかも…… 10人未満の規模の小さいシェアハウスだと、風呂・トイレが男女共用ということもよくあるので、要チェックです。

bath-753272_1280

家具・家電

冷蔵庫

賞味期限切れのものが放置されていたり、冷凍庫の取り合いになったり、知らない間に使われていたりと、運用が難しい冷蔵庫。入る前には、冷蔵庫の運用ルールをしっかりと確認しましょう。トラブルを避けたい方は、自室に冷蔵庫が備え付けられているシェアハウスに住むのが無難かもしれません。

refrigerator-1132254_1280

 

テレビ

シェアハウスでは、大型のテレビがあったり、プロジェクトターが備え付けてあったり、贅沢な設備が多いですが、基本的にリビングには1つしかテレビはありません。「これだけは見逃せない!」という番組がある方は、自室にテレビが準備できるシェアハウスに住むか、録画できる環境を整えましょう。

tv-463438_1280

洗濯機

週末や夜に洗濯が集中しがちで、洗濯しようと思ったら回っていることが案外多い。「洗濯のローテーションは絶対にずらせない!」という強い意志がある方は、余裕を持って洗濯機が設置してある家に住むことをオススメします。

washing-machine-902359_1280

日用品

自転車

シェア自転車と銘打ってなくても、「コンビニまで行きたいから、ちょっと自転車貸してー」なんてやりとりができるのは、シェアハウスならではの利点ですねー。

bycicle

タオル

湿ったまま放置していると、すぐに臭くなってしまうタオル。それだったら、みんなでシェアして早いサイクルで洗濯をした方が清潔なのではないか? ということで、タオルのシェアをしているシェアハウスもあります。ここら辺は、気になる人は気になるかも。

towel-759980_1280

歯ブラシ

以前、一緒に住んでいた住人から、歯ブラシを一緒に使ってたという話を聞きました…… そういうこともあるんですね…… 勘違いして歯ブラシを使っちゃったという事例もあるので、管理には気をつけたいですね。

tooth-brushes-1117266_1280

衣料品

上着

洗濯とサイズの違いさえクリアしてしまえば、他人と服をシェアしちゃうという考え方は結構いいのかも。2人で服をシェアすれば、単純に着れる服が2倍! 浴衣やボードウェアなどのあまり着ない衣類も、持っている人に借りて、安く済ませられるなんてことも結構あります。

fashion-1031469_1280

肌着

肌着になると、一気に抵抗感が増す人が多いようです。肌着をシェアしてもあまりメリットなさそうなので、無難に自分用の肌着を揃えるのが吉かと。

laundry-963150_1280

こちらに関しては、あまりシェアしている所は見たことがありませんね。気持ち的な問題に加えて、サイズ・形の問題もあるので、シェアしにくいという所があるのかと思います。

baby-shoes-974856_1280

サンダル・スリッパ

外にちょっと出かけるときに使うサンダルだったり、部屋の中で使うスリッパ、お客さん用のスリッパだったりは、共用で揃えている家も見かけます。

sandals-342672_1280

食べ物

食材

食材をどこまでシェアするかは、家によってかなり違いが出るところかと思います。

  • 自分の入れたもの以外は絶対に食べたらダメ
  • 自分のものには名前を書き、それ以外は自由に食べていい
  • 冷蔵庫の食材は共益費から買って全て共有
  • よく使うもの(小麦粉・お米)などに関しては共有、それ以外の食材に関しては各自調達

など、家によってルールは様々です。どういったシェアのスタイルが自分に合っているのか考えてみるといいかもしれません。

vegetables-573958_1280

調味料

塩・砂糖・醤油・油といった調味料に関しては、共有としている物件が多いです。一人暮らしでは持て余しがちな大きなサイズの調味料もしっかりと使いきれるのが良いですね。

plants-940284_1280

その他

PC

ちょっとした調べ物がしたい、写真やデータを共通のPCに保存して管理したい。プリンターを使いたい。なんてときに共有のPCがあれば便利ですね。今ではほとんどの人がスマートフォンを持っているのでそれで解決することも多いですが、全員が全員となると難しい部分もあるので。

keyboard-453795_1280

 

都内に住んでいると、「ちょっとした遠出のときに車は欲しいけど、自分で持つほどじゃあ」なんて人も多いのでは? そんな悩みを解決するために、1家に1台シェアカーを準備して、乗った分だけ支払うスタイルをとっているシェアハウスもあります。

car-49278_1280

自分では手に取らないような本が本棚に置いてあると、新しい発見があったりします。「他の人どんなことに興味があるのか?」ということを知って、そこから話題が広がるなんてことも。

old-books-436498_1280

 

いかがだったでしょうか?シェアハウスでは本当にいろんなものがシェアされています。

「自分は何をシェアしたいのか?」、「どこまでシェアできるのか?」ということを一度考えてみてはいかがでしょうか?