ヨガ教室&ごはん会レポート@masobi

masobi_yoga1

こんにちは、ライターのまりもです。

高田馬場のコミュニティーハウス・masobiのマナビ場・ヨガ教室&ごはん会に参加しました。

 

コミュニティーハウスmasobi・マナビ場とは?

「masobi(まそび)」は、同じ目標を持った仲間と一緒に学べる機会「マナビ場」と、共通の趣味を持つ仲間と繋がれる「アソビ場」が溢れるシェアハウス。「マナビ場」には、毎月定期開催の料理教室や英会話教室、不定期開催のヨガ教室等があり、「アソビ場」としては、映画鑑賞部・マラソン部・キャンプ部・ボードゲーム部等の、住民主体の活動等があります。

 

身体の内側に目を向けるヨガレッスン

今回の「マナビ場」は、不定期開催のヨガ教室とごはん会。ヨガチームと料理チームに分かれて各々スタート。ヨガチームのレッスンの様子を覗いてみます♪

masobi_yoga2

講師は、ヨガインストラクターの宇佐美若菜さん。ヨガの前に「肺はどこまでふくらむの?」というクイズでアイスブレーキング。何と、肺はバスケットボール大までふくらむそうです。
masobi_yoga3

クイズを通して、ヨガをする上で大切な、呼吸に意識を向けていきます。

masobi_yoga4

いよいよ、ヨガスタート。少しずつ身体をほぐしてウォーミングアップ。
masobi_yoga5

自分の呼吸と内面に意識を向けて、ポーズを取ります。
masobi_yoga6

レッスン中盤では、こんなダイナミックなポーズも。大きく身体を使って、終盤には使った筋肉を緩め、自分の呼吸と内面を整えて、約1時間のレッスン終了。少し肌寒いこの時期にも関わらず、みんなじわっと汗をかいて、リラックスした様子でした。

 

「一汁三菜」身体にやさしいごはんをみんなで囲む幸せ

ヨガを終えて、キッチンから、じゅわーっと魚の焼ける音、そしておいしそうな香り。料理中のキッチンに潜入しました。

masobi_yoga7

料理チームは、3-4人のメンバーで協力して料理。お味噌汁を仕上げて完成です。

 

masobi_yoga8

食卓に並んだ今日のごはん。肉じゃが、鮭のムニエル、きのこのマリネ、ほうれん草の胡麻和え、梅干し、そしてお味噌汁。一汁三菜、栄養バランスの取れた、身体にやさしい献立です。

 

masobi_yoga9

みんなで食卓を囲んで、いただきまーす!

 

「肉じゃが、味がしみてておいしい!」「鮭もおいしいよ」と箸が進み、あっという間に料理がなくなりました。お腹もいっぱいになり、みんなでくつろいでおしゃべり。「実家にいるみたいだなぁ」等と会話が盛り上がったり、帰ってきた他の住民を「おかえり~」と迎えたりと、ゆったりとした和やかな雰囲気でした。

ヨガを通して自分の内面をいたわり、一汁三菜の身体にやさしいごはんを食べる。そして、共に時間を過ごす、あったかい仲間。

ココロとカラダにやさしい時間を過ごせた、今日のマナビ場 ヨガ教室&ごはん会でした。

みなさん、ありがとうございました!

 

物件詳細

下記のHP及びFacebookをご覧ください。
HP:コミュニティーハウスmasobi
Facebook:コミュニティーハウスmasobi