どうやって探す?住みたいシェアハウスの見つけ方

google1

はじめまして!

ライターのた~にゃんです。

 

つい2ヶ月前まで某シェアハウス運営会社で働いていました。

シェアハウス運営の「裏事情」などを交えながら、読んでくださる皆さんにとって有益な記事を書いていこうと思います。

どうぞよろしくお願いします(^^)

 

シェアハウスってどうやって探すの?

cc-library010010538t8dnu

もしあなたが「シェアハウスに住みたい!」と思ったら、まずは何をしますか?

多くの人はgoogle先生を呼び出して、「シェアハウス」って打ち込むと思います。

そして、検索結果の上から順番にページを見ながら、「この物件、良い!」とか「ここはダメ!」ってな具合でしょう。

 

方法としては、全くもって間違いではありません。

ただし、ここで一つ気をつけないといけないことがあるんです。

 

それは、google先生が教えてくれるサイトには、大きく分けて2種類があるということです。

 

2種類のサイトとその違い

ポータル

その2種類とは、

シェアハウス運営事業者のウェブサイト

シェアハウスのポータルサイト

です。

 

どちらもシェアハウスの情報が掲載されているんですが、この2つには大きな違いがあります。

それは、

①には、その運営事業者が運営している物件だけが掲載されている

のに対し、

②には、ありとあらゆる運営事業者が運営している、様々な物件が掲載されている

という点です。

 

この2つを上手に使い分けることが、「住みたい!」と思うシェアハウスを見つける為の近道になります。

 

上手な使い分け方

gahag-0042201753

それぞれの違いは分かったけど、この2つをどう使い分けたら良いんだろう?

はい、その方法も、もちろんお教えまします!

 

まずはポータルサイトをチェック!

物件を探す際、まず活用するのはポータルサイトです。

先ほどご説明したとおり、ポータルサイトには「ありとあらゆる運営事業者が運営している、様々な物件」が掲載されています。

つまり、掲載物件数が圧倒的に多いんです。

ということは、検索分母が大きいので、あなたが希望する条件を満たす物件に出会える可能性が高いんですね。

よって、まずはたくさんある物件の中から、条件に合いそうなものをポータルサイトを使ってある程度の数まで絞りこむと良いでしょう。

(ちなみに、僕がおすすめするポータルサイトをこちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。)

 

続いて運営事業者のウェブサイトへ

条件に合う物件がある程度絞りこまれたら、ここからは運営事業者のウェブサイトが活躍します。

ポータルサイトで見つけた物件の情報を詳しく見ると、多くの場合、その物件の運営事業者の名前が載っています。

その名前を検索すれば、運営事業者のウェブサイトに辿り着けるはずです。

(もちろん、自前のウェブサイトを持っていない運営事業者さんもありますが。)

ウェブサイトに辿り着いたら、そこで確認するのは、大きく2点です。

 

自分が目星をつけていた物件の詳細情報

ポータルサイトは、サイトごとに、掲載できる写真の数や文章の量などが決まっています。

そのため、物件についての細かい情報(設備面、ルール)などが不足しがちです。

一方、運営会社のウェブサイトはそういった制限がないため、より細かい情報を得ることが出来ます。

 

その運営事業者についての情報

ハウスの情報だけでなく、運営事業者についての情報も大切です。

運営している物件の数、管理体制、家賃の支払い方法、入退去の方法、そして問い合わせへの対応などです。

入居を決めて引っ越すとなれば、ある程度の期間はその運営会社さんとお付き合いをすることになるわけですから、ひょっとしたら物件の情報よりも重要な情報かもしれませんね。

 

ここまでの情報収集で、「住みたい!」と思う物件がかなり絞りこまれ、物件についても詳しく知れていると思います。

逆にこの段階でもし分からない・知りたい情報があれば、運営事業者に直接問い合わせてみましょう。

 

やっぱり内覧は必要です。

PASONAZ160306230I9A1809

一通り情報収集が終わったら、いよいよ運営事業者への問い合わせや内覧を行います。

中には内覧をせずに直接入居をされる方もいらっしゃいますが、現地に行かないと分からないこともたくさんあるので、僕は必ず内覧に行くことを強くおすすめします

運営事業者への問い合わせは、ポータルサイト、運営事業者のウェブサイト、どちらからもできるので、どちらかでも構いません。

ただ、複数のシェアハウスに問い合わせをしたい場合に限っては、ポータルサイトの方が便利かもしれません。

(一つのサイトからまとめて問い合わせをすることができるので。)

 

まとめ

ということで、少し長くなってしまいましたが、これが僕のおすすめするシェアハウスの探し方です。

あなたの素敵なシェア生活のために、少しでも参考になれば嬉しく思います。