国際交流シェアハウス「GlobalHUB」に潜入!=お家紹介編=

小学校でも英語が義務教育化され、海外からの日本への観光客も急増している今日この頃。

そのような時代の流れを受けて、「英語を勉強したい」「海外の友人が欲しい」など、といった声を良く耳にするようになりました。かくいう私も、「英語が話せるようになりたい!」という思いから、英会話教室や、海外留学を考えたことも。

英会話教室は続かず、仕事を辞めて海外に行く勇気もなかったのですが・・・

もし、日本国内の生活の中で、日常会話が英語だったり、海外との繋がりを得ることができれば、こんなに嬉しいことはありません。

2017年9月、千葉県幕張本郷にそんな願いを叶えてくれる「絆家シェアハウス-Global HUB-」がオープンしました!”日本と世界をつなぐシェアハウス”というコンセプトを持つこちらのハウス内では、英語のみで会話するエリアや、様々な言語で会話する言語ミックスのエリアが指定されており、自分の語学力に合わせて国内留学を体験することができます。50人規模のこちらのハウスでは、部屋ごとにアメリカやモロッコ、北欧など、世界をテーマにした様々なお部屋があるんだとか。毎日気分に合わせて部屋を変えたら気分も上がりますよね。

では早速、国際交流シェアハウス「Global HUB」をご紹介していきたいと思います。

「 絆家シェアハウス-Global HUB-」紹介、スタート!

一般的なシェアハウスは、一戸建てや社宅のリノベーションします。ですが、今回ご紹介する「Global HUB」はマンションの十数室をそのまま居室部へと改装し、元々は集会所として利用されていた1Fのスペースをシェアハウスのリビングダイニングへと改装しました。52人が入居可能という大型シェアハウスですが、複数の共有部があり、ゆったりとくつろげる空間となっております。物件最寄りの幕張本郷は千葉の中でも都内よりのため、東京駅まで35分、秋葉原まで直通で40分での通勤、通学が可能です。また、反対の千葉駅まではわずか13分と、千葉駅周辺に会社や学校がある方は大変便利な場所になっています。

 

20_large(1)

シェアハウスを尋ねると、驚き!エントランスの見た目はそのまんまマンションでオートロックが付いています。パッと見ただけでは、シェアハウスだと知らずに通り過ぎてしまいそうです。オートロックの付いているシェアハウス物件は中々ないので、女性にとっては安心できる物件です。

 

エントランスを潜り抜けた先は、いたって普通の集合住宅の廊下です。まずは個室を見てみましょう。3LDK×13戸の部屋は、各部屋ごとに世界の各国をテーマにした内装デザインとなっており、好きな部屋を選択することができます。

テーマは5つです。

 

IMG_3225

パリのアパルトマンの一室にありそうな可愛らしいお部屋。女性に人気がありそうです。ここで暮らすだけで、ちょっとおしゃれなパリジェンヌの気分を味わえそうです。

 

IMG_3227

こちらはリゾート風のお部屋。バリのヴィラのようなテイストになっています。ゴロゴロ寛ぎたくなるお部屋です。

 

IMG_3229

アメリカンビンテージ風のお部屋は、赤レンガ風の壁紙と黒くシックなフローリングが演出する大人さ溢れています。住んでいるだけで、自分もカッコよくなれる気がします。

 

IMG_3228

イタリアをイメージしたこちらのお部屋は、シンプル、そしてスタイリッシュです。こんな素敵な部屋で仕事したら、捗りそうでうすね。

 

IMG_3226

最後はモロッコをイメージしたお部屋。モロッコ雑貨のクッションとバブーシュがカラフルでとても可愛らしく、こんなお部屋で過ごしたら、毎日が少し特別な1日になりそうです。

 

マンション様式で1戸の中は個室が2部屋、2名で1部屋を利用するドミトリータイプが1部屋、といった構成になっています。男性専用・女性専用の小さなシェアハウスが13戸あり、それらがさらに集合してできる大きなシェアハウスというイメージでしょうか。もちろん1戸ずつに、リビング、キッチン、バスルームやトイレも完備されているので、52名で住んでいても、キッチンやお風呂の使用時間が被って使用できないということもなさそうです。

 

1_large-9

まずはドミトリーを見て見ましょう。どのお部屋もよく似た様式です。とても大きな収納スペースとベランダ付きの窓があり、ドミトリーにしては部屋を広く使用できるという印象でした。

 

1_large-5(1)

では個室の方は?というと、このような感じ。収納付きなので、荷物が多い方でも余分な家具を購入する必要なく入居できそうです。

 

では、次はキッチンを見ていきましょう。

15_large

小ぶりなキッチンではありますが、1Rのような極小サイズではないので問題なく使用できそうです。ここで作った料理をみんなでシェアしながら食べるのも楽しそうですね。

 

24_large23_large

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、こちら。洗面所には洗濯機があり、その奥に浴槽が付いているバスルームがあります。シャワーだけでなく、浴槽が付いているのは大きなポイントです。もちろん、トイレはべつについていますよ。

 

 

 

IMG_3212

さあ、お待たせしました。いよいよ共有部のダイニングキッチンに突入です!天井にはペンダントライトが垂れ下がり、壁には額縁に飾られた洋画が、そしてフローリングはヘリンボーン貼りとなっているため、上品でクラシカルな雰囲気の空間デザインになっています。

ダイニングは”食”を楽しむみんなの集まるところ。第2の家族を作るをテーマにする絆家シェアハウスシリーズでは、定期的”ごはん会”が開催されており、入居者同士が仲良くなるきっかけの場となっています。

この”ごはん会”ですが、世界各国の料理をテーマに作ります。国際交流をテーマにしたシェアハウスならではですね。

 

IMG_3218

キッチンは広く、カウンターを挟んでみんなで料理ができそうです。

 

22549845_1741493949194368_3429857378583986997_n-600x400

最近ではハロウィンパーティーを行ったんだとか。きっとクリスマスにはご馳走が並び、暖かく、楽しいひと時を過ごすのでしょう。

 

0068_original

絆家ではイベントも定期的に行われており、絆家姉妹ハウスでのイベントには「ビールで世界一周」、「たこ焼きで世界一周」や「物語レストラン」などの創作料理が味わえるそうです。

食というテーマは世界共通!出身地の郷土料理を一緒に食べれば、言葉が通じずとも盛り上がること間違いありません。

 

 

ゆったりとしたリビングはその日の気分によって選ぶことができます。

Global HUBには大きなリビングとは少し離れた場所にリビングがあります。大きなテレビが設置されており、そこで映画を見たり、ゲームをしたり、または読書をしたり、スマホをいじっていたりと、みんながくつろげる場となっています。ただ、リビングは少し離れている言っても一部廊下でキッチンまで繋がっています。このスペースを使えば、英会話教室や絵画教室など、シェアハウス内でのイベントスペースとしても活用できそうです。

IMG_3199

また、キッチンへ続く廊下もミニリビングとして活用されていました。

キッチン、リビング、ダイニング、全てが揃っている家に、一般家賃で住めるなんて。夢のような生活です。

 

IMG_3201

ソファに腰をかけると、正面の壁一面が本棚になっていることに気がつきます。

国際交流をテーマにしたシェアハウスらしく、世界の絵本や旅系の雑誌が置かれていました。旅雑誌を手に取って、ソファーに座りながら休日の旅行計画を組めば、ワクワクすること間違いなしです。

 

21_large(1)

部屋から出て外に出て見ましょう。郵便受けは、個別で用意されているのでとても便利です。ネットショッピングなどの郵便物を不在時でも受け取れる宅配BOXも完備されているので、仕事やアルバイトなどで夜遅くなる生活でも、宅配のくる時間を気にせず済むので、安心です。

 

22_large(1)

そして、入居者52名全員に1人1台無料のレンタル自転車が用意されているという太っ腹。買い物やちょっとそこまでというお出かけはこれでバッチリですね!

なんと、自転車だけでなく、自動車まで。駐車場にはタイムズカーシェアの車が用意されているんです。利用手続きは個人で行う必要がありますが、シェアハウスメンバーとのお出かけでは重宝すること間違い無し。車があれば旅行も気軽にいけてしまいます。

 

みなさま、いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した「絆家シェアハウス-Global HUB-」は(株)絆人が運営されています。大型シェアハウスだからできる、広い共用部でみんなで集まる時間を持ちながらも、他の部屋で自分の好きな時に好きなように過ごすことが出来る、共同生活でありながら、個人の自由度の高い物件になっていると考えられます。

国内にいながらも、外国の方々と交流できる。一言でいうならば、国内留学。その一方では、東京・千葉・大阪・奄美(鹿児島)の全国4エリアにある、姉妹絆家シェアハウスにいるメンバーとも仲良くなれるというのも、このシェアハウスの魅力の一つです。通常のシェアハウスはハウス内だけでコミュニティが完結することが多いのですが、絆家シェアハウスでは、全国のシェアハウスメンバーを合わせて第2の家族という1つのコミュニティーとしています。そのため、時には全エリアでの合同イベントなども開催しており、他のエリアの方々と親戚のような関係になんだとか。

最近では、奄美大島旅行や、大人の修学旅行と称して、3日間の関西観光ツアーが行われたそうです。

魅力的がたくさんつまったシェアハウス、「絆家シェアハウス- Global HUB -」

「絆家シェアハウス- Global HUB -」に興味を持った方は、ぜひ見学に行かれてみてください。暖かいメンバーが迎え入れてくれるでしょう。

このシェアハウスのオーナー、平岡雅史さんへのインタビューはまた次回。

以上!国際交流シェアハウス「 Global HUB -」のレポートを編集長なつきがお送りしました♪