シェアハウス選びには管理人さんが大事?!

caretaker

「シェアハウスに住もう!」と決めたあなた。 物件を選ぶ時に、何を重視しますか??

インテリア、水回り、立地、他の入居者との相性…… 見るポイントはたくさんありますが、多くのシェアハウス住民さん・運営業者さんから出てくるアドバイスがこちら。

「シェアハウス選びには、管理人さんが大事!」

 

「管理人さん」とは?

そもそも、シェアハウスの「管理人さん」とは、どんな人なのでしょうか?

シェアハウス運営会社は、オーナーさんから物件の管理受託やサブリースを受け、シェアハウスの運営を行っています。「管理人さん」とは、運営会社から物件を任されている担当者で、以下のような業務を行います。

契約関連の手続き、家具・家電の購入、家賃の集金等、物件の清掃、消耗品の補充などの契約や物件に関する業務
ルール作り・徹底、イベントの企画、コミュニティ作り等、シェアハウスの生活を円滑にするための業務
管理しているシェアハウスに住んでいる管理人さんもいれば、定期的に訪問する管理人さんもいます。管理人さんによっては、イベント企画やコミュニティ作り等運営に特化した人もいます。

シェアハウスの運営会社の中で入居者と一番接点が多くなり、ハード面、ソフト面共に、影響の大きい存在となります。

 

何で管理人さんが大事??

なぜ、シェアハウス選びに管理人さんが大事なのでしょうか?

「住民同士のトラブルを解決してくれる」「シェアハウスに関する決定権を持っている」という二つの理由があります。

 

1. 住民同士のトラブルを解決してくれる

シェアハウス生活はとても楽しいですが、一方でトラブルはつきものです。 キッチンの使い方が汚い、生ゴミ放置等の水回りの問題から、深夜の騒音問題、冷蔵庫のアイスがない…… 等、挙げればキリがありません。

そんなトラブルを住民同士で解決しようとすると、時に揉めることがあります。 「誰が生ゴミを放置しているのか?」「勝手に冷蔵庫のものを食べているのは誰か?」等、犯人探しが始まり、お互いに目を光らせて注意しあうようになると、シェアハウス内での人間関係はぎくしゃくしてしまいます。

そんな時こそ、管理人さんは力を発揮します。 お互い対等な入居者同士で解決しづらいトラブルも、管理人さんに伝えることで、第三者目線からトラブルの解決策を提供してもらう、入居者に対して呼びかけをしてもらことが可能になります。そのため、入居者同士で話し合うよりスムーズに解決することも多々あります。

 

2. シェアハウスに関する決定権を持っている

家具・家電の購入、消耗品の補充等、シェアハウス運営には何かとお金がかかります。どのようなことにお金を使い環境を改善していくのかという判断は、管理人さんか、管理人さんの所属している運営会社(場合によってはオーナー)が行います。そのため、「管理人さんまたは運営会社がどの程度運営に費用をかけるつもりがあるのか?」ということは、生活の質に関わってきます。 また、トラブルが発生した時に、シェアハウスのルールを見直したり、場合によっては退去を依頼したり、といった意思決定は、管理人さんに委ねられています。

 

相性の良い管理人さん選びのポイント

では、相性の良い管理人さんを選ぶには、何に注目すればいいのでしょうか?

 

1. そもそも、管理人さんにどこまで関わって欲しい?

管理人さんの住民との関わり方は、シェアハウスによって様々です。管理業務一つ取っても、対応早くきっちりやる管理人さんもいれば、住民の自主性を尊重してあまり関わらない方針の管理人さんもいます。

運営業務についても、月に何回もイベントをする管理人さんもいれば、年に数回のイベントのみ開催し、住民の自主性を尊重する管理人さんもいます。 「管理人さんには必要最低限の管理だけやってもらえればいい」 「管理人さんも一緒にイベントたくさんやってワイワイやりたい」等、 思い描く理想のシェアハウス生活は人それぞれ。

あなたはシェアハウスでどんな暮らしをしたいですか?

その暮らしに、管理人さんはどう関わっていますか?

まずはそれを考えてみましょう。

 

2. メールのやり取りのスピード

「シェアハウスに住みたい!」と思い立った時に、多くの人はメールや電話などのやり取りをされるかと思います。その時のやり取りのスピードもチェックポイントです。

日時業務のスピードは、入居してからのトラブル対応のスピードにも反映される可能性が高いです。内覧アポを取る時には、意識してみるといいでしょう。

 

3. 訪問頻度

管理人さん住み込み型のシェアハウスの場合は、運営への関わり度が大きい傾向にありますが、管理人さん訪問型のシェアハウスの場合の着眼点は、訪問頻度です。 訪問頻度が週3回以上の場合は、比較的運営への関わり度は大きいでしょう。一方で、訪問頻度が週1回以下の場合は、運営への関わり度は低く、住民の自主性を尊重した運営方針をとっていると見受けられます。 内覧時に管理人さんに聞いてみましょう。

 

4. 他の入居者との関わり方

内覧中に、入居者さんに会うことはよくあります。その時の他の入居者さんへの対応は、入居後のあなたへの対応を表している可能性は高いです。 内覧時には愛想良く振る舞うものの、いざ入居したら対応ががさつだった、といったケースもまれにあるのでご注意を。

 

5. 何より大事なのは、会った時のフィーリング!

いろいろ書き連ねましたが、何だかんだ言ってフィーリングが大事です。 「この人が管理人さんなら良さそう!」という直感を大切にして、シェアハウス選びをしてください♪

 

いかがだったでしょうか? シェアハウスでは、住民と管理人さんの関わり方で、家の雰囲気が変わってきます。そのため、どんな管理人さんのシェアハウスに住むか、ということは非常に重要な要素になります。 シェアハウス選びの際には、「どんな管理人さんなのか?」「この管理人さんとうまくやっていけるか」ということを頭に置いて内見に行ってみてはいかがでしょうか?

あなたも素敵な管理人さんと出会えるといいですね♪